オーディエンス募集開始

お待たせいたしました! 本日よりオーディエンスの募集を開始します!!!✨ 以下のフォームより必要項目を入力してください。 https://tedxkyotouniversity.typeform.com/to/pBNEL0 以下、イベント情報です! ==== 開催日時:2018年6月24日(日)13:00 場所:iCems セミナー室 開場予定:12:30 参加費:無料(アフターパーティ参加は任意、500円) 定員:100人(立ち見席含む) ==== みなさまのお越しを心よりお待ちしております! どしどしご応募よろしくお願いいたします!!✨

Advertisements

TEDxKU2018 スピーカーインタビュー :広瀬浩二郎准教授

目が見えない人は、目に見えない世界を知っている。 —— 広瀬 浩二郎『目に見えない世界を歩く』   TEDxKU: これまでの経歴を簡単に教えてください。 Please tell me briefly about your career. (transl.) 広瀬 先生: 中学1年生の時に失明しました。京大入学は1987年です。全盲の学生が京大に入学するのは僕が最初でした。2000年に京大(日本史学)で博士号を取得し、2001年に国立民族学博物館に就職しました。  I became blind when I was in the first grade of junior high school. I enrolled in Kyoto University in 1987. I was the first blind student to enroll in Kyoto University. In 2000 I obtained my [...]

TEDxKU2018 スピーカーインタビュー :川上浩司教授(2)

スピーカー紹介: 川上浩司先生は、京都大学デザイン学ユニット特定教授です。人工知能や進化論的計算手法をシステムデザインに応用してきたが、京都大学共生システム論研究室に配属後、人と人工物の関係を考え直し、「自動化」に代わるデザインの方向性を模索中。 TEDxKU: 不便によってもたらされる利益について具体的にどのようなものがあると思いますか。 Do you have any concrete examples of benefit coming from inconvenience? (transl.) 川上 先生: 最後には自己肯定感、使っている人が嬉しくなるだとか楽しくなるといったことがあると思います。例えば、メーカーでモノをアッセンブルする工場で昔はベルトコンベアによるライン生産方式がありましたが、かなり多くのメーカーが今セル生産方式を取り入れています。ライン生産では分業制のためネジを締めることに習熟すれば給料がもらえますが楽な反面、楽しくはない。セル生産方式では車1台を一人か二人で組み立ててしまうことになるので、楽でこそないですがきっと楽しいはずです。このような感じの不便では楽しくなるであったり、モチベーションが上がったりということがあると思います。そういう益があるかと思います。 I think that it leads to people’s self esteem--using something inconvinient makes users happy and excited.People used to do line production with a conveyor in assembling factories, but many of them have introduced cell production. For example, [...]

TEDxKU2018 スピーカーインタビュー :川上浩司教授(1)

スピーカー紹介: 川上浩司先生は、京都大学デザイン学ユニット特定教授です。人工知能や進化論的計算手法をシステムデザインに応用してきたが、京都大学共生システム論研究室に配属後、人と人工物の関係を考え直し、「自動化」に代わるデザインの方向性を模索中。   TEDxKU: 先生のデザインは不便益をモットーにしていると聞きましたが、その不便益というものが具体的にどういったものか教えてください。 I heard your design principle is benefit of inconvenience. Can you tell us a little bit more about benefit of inconvenience? (transl.) 川上 先生: 漢字で見ればわかる通り、不便の益。不便だからこそ得られる効用というものが世の中にはあり、便利や効率重視でモノを作るのが普通の世の中において、その方法を取ると無くなってしまう益があるので、使う人にとってあえて不便な状態にしてやることで益を取り出す、そのデザインを行うことです。 Well, it is literally means benefit of inconvenience. There are benefits coming only from inconvenience, and this kind of benefits tend to disappear these days because most [...]

TEDxKU2018 スピーカーインタビュー Ganesh N Pandian (2)

スピーカー紹介: Ganesh N Pandian氏はインド出身で、遺伝子工学を専攻する京都大学iCeMs(物質細胞統合システム拠点)の研究者です。   TEDxKU: When you are not on research, do you have any hobbies or favorite activities? Is there anything you often do in order to relax yourself? 日常生活における趣味や好んでしているアクティビティなどはありますか?リラックス方法など。(通訳) Ganesh: My hobby is to watch movies and read mystery novels. I like to play chess as even with restricted moves, this game [...]

TEDxKU2018 スピーカーインタビュー Ganesh N Pandian (1)

スピーカー紹介: Ganesh N Pandian氏はインド出身で、遺伝子工学を専攻する京都大学iCeMs(物質細胞統合システム拠点)の研究者です。   TEDxKU: Why did you become a genetic engineer? How did you end up with iCeMS? 遺伝子工学の研究者になろうと思った理由や、京都のiCeMSで研究しようと思った理由を教えてください。(通訳) Ganesh: After watching how genetic material could be orchestrated to regenerate dinosaurs in the movie `Jurassic Park`, I aspired to become a genetic engineer. This field allows me to keep a sense of wonder [...]