TEDxKyotoUniversityスピーカーインタビュー#3

藤岡亜季(藤) 浅利美鈴先生(浅)

        : みなさん、こんにちは! 3回目のTEDxKyotoUniversityスピーカーインタビューです。今回は私、藤岡亜季が、 家庭ゴミのライフフローの研究や様々なエコ・イベントに取り組まれている浅利美鈴先生にインタビューします。先生、よろしくお願いします。

浅        : よろしくお願いします。

        : では最初の質問ですが、先生はどうしてこの分野に興味をお持ちになったのですか?

        : 最初はゴミ問題に取り組むつもりはなかったのですが、環境問題には興味がありました。そんなある日、京都大学そのものが環境負荷になっているということを知って、学生たちで京大ゴミ部というサークルを立ち上げました。京大ゴミ部では、京都大学を大学の環境モデルにしようと、意識啓発、ゴミ分別の提案などをしていました。しかし、当時(90年代後半)は、ゴミへの社会的関心が高まる一方、研究対象としてはあまり認められていなくて、周囲の反応にショックを受けて、社会全体の意識を変えなければいけないと思い、活動の幅を広げていきました。その中で、廃棄物の研究に出会いました。

        : なるほど。それでは、先生の現在の研究について教えていただけますか?

        : ゴミの発生の背景、各家庭にある有害物質を適切に管理する仕組み、災害による廃棄物の処理を研究しています。

        : 先生は京都ご出身だそうですが、京都ならではのエコな点はどのようなところだと思いますか?

        : 京都人は倹約家が多く、いいものを長く使う知恵が根付いていると思いますね。祇園祭での装飾品もその1つだと思います。

        : なるほど。先生ご自身は、どのようなことをなさっていますか?

        : 使い捨てのものは買わないようにしていますし、最近はぬか漬けをしています。ぬか床は捨てるものを出さずに半永久的に使えるので、学生とともに京都の知恵の象徴としてやっています。

        : やはりご自身のエコの意識は高いんですね。日本人のエコに対する意識の変遷はどのようなものでしょうか?

        : 70年代に公害が問題になりましたが、それらは80, 90年代での技術の進歩に伴い、解決されてきました。ただ、90年代に入って、地球温暖化やオゾン層の破壊といった、地球環境問題が出てきました。日本では、小学校からの環境教育のおかげで知識のある人は多いですが、自分たちの問題として解決しようという意識が他の国に比べて低いので、そこを改善していきたいです。

        : では、今回、TEDxKyotoUniversityでどのようなことをお話しされるのですか?

        : みなさんに、驚くべきゴミの実態について話したいと思っています。

        : 最後に、この分野に興味のある学生にひとことお願いします。

        : アフリカや南米などの途上国ではゴミ問題が死活問題になっているので、そのようなところに目を向けて、一緒に解決していってほしいですね。

Text by Sosuke Ichihashi

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s